タスク管理と思考のフレームワーク化

7月に結婚式を挙げる事になり、仕事・グロービス・結婚式準備と予定ツメツメの日が続いております。
以前は平日に仕事・休日にグロービスの予習・復習をしていたのですが、結婚式準備が本格化してくると休日はほぼ準備に当てる事になり、最近は平日の朝晩で勉強をしています。
となると、当然仕事を早く・効率的に終わらせなければならない訳で。
最近は時短をしつつ成果を上げられる様、タスク管理と思考速度のアップを目標に生活しています。
今まさに美容リハーサルの待ち時間。ホテルのロビーでお茶しつつ、方法論を簡単にまとめてみます。
①タスク管理
 3年ほど前から、タスク管理はGTDを採用しています。
 元々はフランクリンプランナーを使ってタスク管理をしていたのですが、タスク追加・期限変更の際に紙の手帳では組み替えが追いつかず、書き換えの手間が馬鹿にならないのでやめました。ふせんと手帳の組み合わせも試しましたが荷物になるのが嫌で代替方法を調べたところGTDに出会い、今はDoitimを愛用しています。
 GTDは頭の中にあるタスクを全て吐き出させてくれるという点で優れているのですが、スケジュールへの落とし込みがしづらいのが弱点です。「今日」のボックス内にあるタスクを上から順に片付けていくという事はいいのですが、タスク毎の所要時間が見えずらく、会議など、他の予定もある中でその日のうちにいくつのタスクをこなせるかが把握できません。
 そこで考えたのは、毎日のTODOとスケジュールのみ、紙に書き出すと言うことです。この部分だけフランクリンプランナーのイメージです。その日だけのタスク・スケジュールを把握できるので、都度アプリを開く必要なく、他の通知に気を取られる事もありません。 あえてのオフライン、オススメです。
②思考速度のアップ
 グロービスでクリティカルシンキングを受けて以降、考える事が好きになりました。
 自分の思考の流れと枠組みを可視化できる様になった為、自分の考えの何が不足しているかを理解できるようになり、安心して考える事ができる様になりました。
 その上で、思考速度を上げる為にしているのは以下の方法論です。
何か対処をした際、考えた枠組みをメモで残しておく(思考のフレームワーク化)
枠組みはエバーノートに保存し、どこでも見れるようにしておく
なるべく早いタイミングで枠組みを人に話し、過不足ないか確認、修正する
新しい事象に当たった際、過去フレームワークがある場合はそれを照会し、プラスで今回限りで考えなければならない事がないか考える
過去の経験からフレームワークを作成する事で、毎回の枠組み作成の手間をなくします。この方法だと2回目以降の思考のヌケモレも防げるので、一石二鳥です。
フレームワークには、4W1Hのような網羅性を求めるものもありますが、企画⇨製造⇨販売のようなフローもあります。
世に出ているもののコピーも多いですが、フレームワークがたまっていくと、成長している気にもなれ、なかなかよいです。
またよい方法を見つけたらシェアします。宜しければお試しあれ!
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中